公益財団法人 ハーモニィセンター
ホーム > 事業内容












ハーモニィセンターでは、1972年の18泊19日に及ぶ第1回北海道とかちポニーキャンプ®以降、40年以上にわたり、年間約50回の自然体験活動のキャンプを行ってきました。子ども時代にいかに自然体験をするかが、大人になってからの人間性に大きく影響しており、「社会性」「やる気」「思いやり」等、キャンプは様々な成長を子ども達にもたらす、と確信しているからです。
キャンプでは、自然と動物(ポニー)とのふれあいを軸に5才から15才の子ども達が、身体を鍛え、気力・体力・技術を磨き、思いやりのある強い心を培っていくための豊かな生活体験活動を行っています。キャンプ活動を通して子どもの成長の支えとなる「たくましさ」「生きる力」を育むため、裏打ちとなる知識、智慧、自信、夢、勇気、辛抱、寛容さ、努力、やさしさ…といった精神性を高めていくことに重点を置いています。
年間を通して、ポニーとの生活(乗ること・お世話すること)を中心に山登り、飯盒炊爨、釣り、野鳥観察、ハイキング、ツリークライミング、マラソン、海川遊び、水泳、スキー、スケート…など、多様な自然体験の機会を設けています。一度の水遣りで花を咲かす植物がほとんどないように、子ども達が一度の体験で大きく変化するということはそう多くはないはずです。花を咲かせる時期も種類によって異なります。植物をよく観て、必要な時に必要な分だけ水や肥料を与えるように、子ども達にも継続的にそれぞれの成長にあった体を提供することが大切だと考えています。


ハーモニィセンターでは、主催事業に参加する青年ボランティアを「カウンセラー」と呼んでいます。それは、子ども達と対等な目線で向き合い、受入れ寄りそう、という姿勢からきています。
カウンセラーには、「カウンセラー魂」とも呼べる共通の合言葉、『明るく、タフで、骨惜しみなく』があります。そこには、どんなに苦しい時であっても、そこにいることで周りのみんなを元気づけ、奮い立たせるほどの「明るさ」を持つ。どんなに疲れ果てていても、子ども達のため、仲間のため、やらなくてはならないことがあれば真っ先に体を動かし、やり遂げる「タフさ」を持つ。周りの人々への思いやり、深さの表現は「骨惜しみなく」という意味が込められいます。
カウンセラーが子ども達の将来を考えて声を掛けるのと同様に、職員も、キャンプや一年を通して実施される様々な研修において、カウンセラーの将来を見据えた言葉掛けをしています。キャンプでだけ活躍できてもダメ。いつか社会に出た時に、自分一人でも必要だと思うことはキチンと伝え、信じる道を指し示せる大人になって欲しい。そんなことを考えながら育成活動を行っています。





豊かな自然の中で思う存分馬と遊べる場所、蓼科ポニー牧場。高原特有の澄んだ空気、冷たい水、深い緑に包まれた静かな牧場で、のびのびと体を動かすことができます。「人と馬の文化の普及・創生」をテーマとした活動に取り組み、普及に関しては、他団体・一般利用者のための利用しやすい体験コースを設定。場内にはバランス感覚を養う人工ハザードを設置しています。創生に関しては、馬を通した産学協同での研究に取り組んでいます。体高90㎝~160㎝まで、様々なサイズ・性格の馬を約30頭所有しており、常に乗る人、プログラムにあった最適のポニー・馬を供給することができます。

牧場概要
住   所 :
電話番号 :
事業内容 :
〒391-0213 長野県茅野市豊平字東嶽4734 三井の森内
0266-76-2813
引き馬、乗馬レッスン
ポニークラブ(子ども対象の乗馬教室)の実施
ポニーキャンプ受入れ
乗馬会(宿泊型乗馬講習会)の実施
団体乗馬体験受入れ(日帰り・宿泊)
移動乗馬教室
小学校へのポニーの派遣
動物理解を深める学習活動の応援 
わんぱくポニー村(蓼科第2ポニー牧場)運営
研修受け入れ・相互交流(個人・団体)
産学協同研究


現在、東日本大震災の影響により東北支持活動の拠点としてのみ活用しています。

牧場概要
住   所 :
電話番号 :
事業内容 :
〒979-2462 福島県南相馬市鹿島区上栃窪字瀬ノ沢59
0244-47-2457
東北支援活動拠点


小貝川の広大なフィールドで、「水・陸・空」を活用した事業(小貝川三次元プロジェクト)を展開しています。川べりに位置するため、川を使ったプログラムが特徴です。川に学ぶ体験活動協議会(RAC)公認のインストラクター資格を所有するスタッフの下、夏場は川遊びを楽しむ子ども達の賑やかな声が響きます。また、通称「アクティブシニア」と呼ばれる元気のよいシニア世代の活動拠点にもなっており、月ごとの個人・団体のレッスンにおいてシニア世代の占める割合は三分の一、平日の個人レッスンに至ってはほぼ100パーセントとなっています。

牧場概要
住   所 :
電話番号 :
webサイト :
事業内容 :
〒300-1511 茨城県取手市椚木49
0297-71-6520
https://www.kokaigawa-pony.com/
「陸」部門
・引き馬、乗馬レッスン
・ポニー教室
・河川敷乗馬トレッキング
・移動乗馬教室
・マウンテンバイクプログラム
・小動物ふれあい事業(移動動物園・親子飼育体験等)
・河川騎馬パトロール(国土交通省より「河川協力団体」の指定を受け、
 社会貢献と乗馬プログラムをハイブリッドします!)
「水」部門
・カヤック教室
・川遊び体験教室
その他
・取手市集会施設「小貝川生き生きクラブ」の受託運営





21世紀の世界を担う青少年の育成に向け、互いの国に関心を持ち、訪問しあい、文化を学び、国際的視野を培い、友人を得る機会とするべく、インドネシア、パラオ、中国(内蒙古)、ドイツ、モンゴル国の青少年との交流事業を行ってきました。そのたびごとに山形県小国町・大江町・大石田町・西川町・鶴岡市、宮城県鳴子町(現大崎市)、岩手県東和町(現花巻市)、埼玉県飯能市、東京都葛飾区など、日本各地からの物心両面にわたっての応援に支えられ、インドネシア子ども代表団が毎回東宮御所において当時の皇太子ご夫妻(現天皇皇后両陛下)と親しく謁見の栄誉をいただけたことは、特に大きな励みとなりました。現在は、モンゴル及びドイツとの交流が行われています。

モンゴル大草原乗馬交流
モンゴル国中央県に位置するシリンボラグキャンプ場を拠点に、乗馬を楽しみ、モンゴルの大自然と馬文化にふれる交流を進めてきました。乗馬の初心者はもとより子どもから高齢者まで参加者は幅広く、乗馬力に応じて長い駆歩を味わうなど壮大な体験生活を送っています。2009年には、乗馬力のある子ども向けの、「遊牧民生活体験ナーダム競馬」コースが始まりました。毎年10人前後の子どもが挑戦し、3年目には40頭でのレースで1位を獲得するという快挙を成し遂げました。この競馬に参加することも、国内でのポニー教室・ポニーキャンプの延長線上にある大きな目標となっています。
一方、トレッキングを行うだけでなく、1993年に学校が遠すぎて通えない大草原の子ども達のための「草原移動識字教室」を開始、ユートピア日本語学校を設立するなど、モンゴル国への教育支援活動も行ってきました。現在、ユートピア日本語学校は4年制の「モンゴル文化教育大学」に昇格し、毎夏の乗馬交流ではこのモンゴル文化教育大学の学生が、乗馬指導から食事の世話一切までを担ってくれています。モンゴル国の教育に寄与することで、モンゴル国と深い信頼関係を築き上げているからこその交流ができていると言えるでしょう。


1987年、文部省(当時)主催「日独青少年指導者セミナー」でルドガー・フォンディック氏と出会い、「ハーモニィセンター」と「ノルトラインウエストファーレン州シュタインフルト郡青少年局」との民間レベルの交流が1990年に始まりました。日本とドイツの青少年がお互いの国を行き来し、異文化を学び、国際的視野を育てることを目的とした交流事業で、現在、宮城県大崎市鳴子国際交流協会と連携
し、隔年の受け入れ・派遣を行っています。
派遣の際はヨーロッパ近隣諸国から集まった青年が加わる「国際ワークキャンプ」への参加とホームスティを軸に、参加者の希望に沿った内容で進められます。受入れは、大崎市でホームスティのほか、地方都市文化の体験や、ハーモニィセンターキャンプカウンセラーとの交流を通した東京の大都市文化の体験を中心に進められています。この交流から、日本とドイツをつなぐ仕事に就く者を多数生みだし、また、受け入れ活動に携わったカウンセラーは、一段と明るさが増し、自信に満ち、前向きな態度に成長するといったすぐれた
研修機会となっています。


これまでのドイツとの交流をもとに、シュタインフルト郡ラッドベルゲン馬術連盟、軽乗連盟の協力を得て、「乗馬・軽乗」をテーマにした新たな交流を2012年3月に開始しました。重厚なドイツの馬文化にふれ、「乗馬体験」を通して交流を深める一般大人向けコースと、本格的な「軽乗」の練習を通じて現地チームとの交流を深める子ども向けコースを実施しています。本場での軽乗を目の当たりにした衝撃と感動は大きく、ハーモニィセンターの「馬との触れあい方」の新しい世界に道を開くこととなりました。初回は特別軽乗大会が企画され、子ども13人が3組に分かれて初中級レベルの競技に出場。2組が金賞、1組が銅賞を獲得する成果を上げました。ここで学び持ち帰ったものが、後に続く子ども達の新たな目標となっています。




温かみのある動物とのふれあい体験の提供、地域の活性化と社会貢献活動、子ども達の情操教育。学校、幼・保育園、児童館、養護・福祉施設、老人ホーム、子ども会、お祭り、企業イベント(社員運動会、従業員福利厚生)、店舗オープン記念等顧客向けサービス、商店街イベントなどで地域貢献や子ども達が動物に親しむ機会の提供をお考えの方々からの要望を受け、移動乗馬教室をおこなっています。障害者乗馬(ホースセラピー)、ポニーの引き馬(一人乗り、親子乗り、乗馬教室)、動物とのふれあいコーナー(モルモット、ウサギ等)など、目的・ご希望・ご予算によって内容を決められます。ご依頼主は、個人・組織を問いません。地域での乗馬体験、動物とのふれあい体験をご希望の方はお気軽にご相談ください。




東北方面の活動拠点であった相馬ポニー牧場は、東日本大震災による被災、福島第一原子力発電所事故後の放射能災害により休業状態を続けています。地域社会においても基幹産業の復興や安定した雇用の増加などの解決が進まず、生活再建の基盤を失いかけつつあります。私たちは、自らの再生を積極的に図ることで地域社会の再生が進むことを願い、相馬ポニー牧場を拠点とした支援活動を続けて参ります。
被災地では、今なお不自由な生活を送り続けている方々がいらっしゃいます。多くの子ども達は、大声を出して笑い・はしゃぐことに遠慮し、我慢しなくてもいいことを我慢し、無理をしています。大人たちは、復旧・復興に向け身を粉にし、家族や地域社会のために働き続けています。避難生活、仮設住宅での生活を余儀なくされている人たちもまだまだたくさんいらっしゃいます。このような生活が日常になりつつある今、一瞬でも非日常を味わい、脱日常をして欲しい。心から笑って欲しい。子ども達の元気な姿を大人に見せて安心させたい。心身ともにリフレッシュをして欲しい。
私たちができることは何かを考えた時、浮かんできたのは「Riding For All」でした。その「Riding For All」を「被災者支援」という形で実施していこう、と始まったのが、被災地にポニーと共に出掛ける支援活動です。
ポニーの温もり、つぶらな瞳で癒しの効果を。少しでも気持ちが明るくなることを。小さいながらも状況を見て我慢をいっぱい重ねている子ども達に楽しい思いを。ポニーと一緒に出かけるボランティアの青年達とふれあい、「一人じゃないよ」という安心感を。ポニーの持つ魅力を一番知っている私達が、そのポニーを被災地に連れて行き、楽しい時間を届けます。
これからも、一人でも多くの方々にポニーの温もりをお届けしたいと思っています。





ハーモニィセンターでは、自治体から委託を受け(一部指定管理者)、現在9か所の動物広場を運営しています。地域環境や住民・行政のニーズに応じて飼育動物・実施プログラム・運営形態に差異・特色はありますが、いずれも、ポニーキャンプによって積み重ねてきたポニーと子ども達の関わり、ボランティアリーダー育成といったハーモニィセンターが培ってきた青少年教育のノウハウを最大限に生かす形で、運営を行っています。ポニーのほか小動物も取り入れた活動内容により、子どもにとってはスポーツ・生涯学習の場として、高齢者を含む大人にとっては小動物とのふれあいができる憩いの場として「あらゆる人の居場所」としてその役割を果たしてきました。
また、現在のように「アニマルセラピー」「動物介在教育」といった言葉が定着するはるか前、町田に日本で初めてのポニークラブを設立し(1973年)、障害児・者乗馬の取り組みを開始しました。その後、1994年11月に発足した日本乗馬療法協会と共に、ハーモニィセンター所有の馬とスタッフが中心となって、移動乗馬教室、キャンプヘルパー講習会等、乗馬療法の普及活動を進めています。ポニースクールかつしかにおいては、開設以来、養護学校の授業、生活実習所の実習の一環として障害児・者の受け入れを行っており、1995年4月からは、障害児ポニー教室(パートナーアニマル)を毎日行っています。身体的機能回復、乗馬による気晴らし、リフレッシュを目的に、参加者それぞれの様々な障害に合わせたプログラムを組立てることで、楽しんでもらうことと合わせ、技術的な向上も実現する練習を目指しています。また、介助役としてボランティアや健常児が関
わることで、馬を軸にした自然な交流も生まれています。
他の広場でも同様に障害のある方々に楽しんでいただける体制、プログラムを用意しています。このように、ハーモニィセンターならではの取り組みは、行政の想像の枠をこえる活動となっており、年々自治体との絆は深まり、「ハーモニィセンターなくしては成り立たない」と活動に対する高い信頼の発言が各自治体担当者から寄せ
られています。


ポニー教室
乗馬を通して、基礎的な体力を養いながら思いやりや優しい心を育むこと、さらには動物の知識を深め、動物愛護の心を育てることを目的にしています。仲間と一緒にポニーの世話や互いの練習の補助をしあうことで、子ども達の協調性・積極性が生まれ、小学校低学年から中学生まで様々な年齢の子ども達が協働することで、最近ではあまりみられない異年齢交流が自然に生まれています。また、教室での団体行動は、責任感や自立心を養い、次世代のリーダーとして
の能力を身につけるトレーニングにもなっています。

動物クラブ
動物の飼育管理及びふれあいを体験することにより、生き物に対する理解と命の大切さを知ること、責任を持って仕事をやりとおすことで得られる自信、仲間同士の相互信頼の大切さを知ることを目的にしています。相互の信頼感が生まれることで、子ども達にとって家庭や学校とは別の、新たな居場所となっています。



住   所 :

電話番号 :
事業内容 :






所 轄 課 :
飼育動物 :
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷6-9-31区立碑文谷公園内
03-3714-1548
・ 小動物とのふれあい     
・ 引き馬ポニー乗馬    
・ ポニー教室
・ 障害児ポニー教室
・ 幼稚園・保育園・学校単位の団体向け教室
・ 動物クラブ
・ ポニーまつり
目黒区都市整備部みどりと公園課
ポニー・ウサギ・モルモット・アヒル・犬・カメ


住   所 :

電話番号 :
事業内容 :












所 轄 課 :
飼育動物 :
〒252-0328
神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1
042-778-3900
・ 小動物とのふれあい
・ 引き馬ポニー乗馬
・ 親子引き馬ポニー乗馬
・ 動物イベント開催
・ 親子ポニー教室(子育て支援)
・ ポニーボランティアの活動
・ ポニー教室
・ 障害児ポニー乗馬教室
・ 搾乳体験
・ 動物クラブ
・ 動物フェスティバル(春・秋)
・ 出張乗馬教室
・ 団体利用ふれあい教室(幼・保・小学団体)
相模原市環境保全部公園課
ポニー・ヤギ・ヒツジ・モルモット・ウシ・リスザル
ブタ・アライグマ・シマリス・ミーヤキャット
ハイラックス・シカ・ウサギ・小鳥類・クジャク・チャボ


住   所 :

電話番号 :
事業内容 :






所 轄 課 :
飼育動物 :
〒125-0032
東京都葛飾区水元1-19 水元中央公園内
03-3627-0745
・ ポニー教室(健常児・障害児)  
・ 幼稚園・保育園・特別支援学校等の団体ポニー教室
・ 引き馬ポニー乗馬
・ 不登校児のためのポニー教室
・ 出張軽乗演技披露
・ 土曜学習
・ 各種特別行事(子ども祭り・ポニー大運動会等)
葛飾区教育委員会地域教育課
ポニー・チャボ・鶏


住   所 :

電話番号 :

住   所 :

電話番号 :

事業内容 :








所 轄 課 :
飼育動物 :
【本園】〒173-0004
東京都板橋区板橋3-50-1 東板橋公園内
03-3963-8003

【高島平分園】〒175-0082
東京都板橋区高島平8-24-1 徳丸ヶ原公園内
03-3932-0090

小動物のふれあい(本分園) 
引き馬ポニー乗馬 (本園 通年、分園 年5回)
ポニー教室 (本園 年5回)
馬車の運行 (本園 月1回)
ふれあい団体利用 (本分園 幼・保・小・障)
移動ふれあい教室 (本園) 
動物クラブ (本分園)
動物園祭り (本園 10月)
冬のミニイベント (分園 12月~2月毎週日曜日)
板橋区土木部みどりと公園課
ポニー・ウサギ・モルモット・ヤギ・シカ・ヒツジ
フラミンゴ・クジャク・カメ・小鳥類


住   所 :

電話番号 :
事業内容 :

所    管 :
飼育動物 :
〒241-0834
神奈川県横浜市旭区大池町65-1 こども自然公園内
045-351-5442
小動物とのふれあい
イベントの開催(ポニー乗馬、工作教室など)
公益財団法人横浜市緑の協会
モルモット・ヒヨコ・アヒル・日本鶏・ハツカネズミ


住   所 :

電話番号 :
事業内容 :




所 轄 課 :
飼育動物 :
〒124-0002
東京都葛飾区西亀有1-27-1
03-3690-4460
小動物とのふれあい 
引き馬ポニー乗馬 
動物クラブ
ポニー教室
出張動物園(区内の高齢者施設や障害者施設対象)
葛飾区都市整備部公園課
ポニー・ヤギ・ミニブタ・モルモット・ウサギ・シマリス
リスザル・クジャク・小鳥類・カメ


住   所 :

電話番号 :
事業内容 :







所 轄 課 :
飼育動物 :
〒243-0424
神奈川県海老名市社家4032-1 運動公園内
046-235-7321
馬車の運行
引き馬ポニー乗馬
ポニー教室
小動物とのふれあい
各種イベントへの出張活動
幼稚園・保育園・学校等の団体プログラム
飼育体験ツアー
物産品、関連グッズの販売
海老名市市民協働部文化スポーツ課
ポニー



Copylight (c) 2013 Harmonycenter Public Interest Incorporated Foundation