はじめて参加される方へ

  活動の特徴

  ぼくたちが活動しています



  トップページ

  ポニーキャンプ

  スキー・スケートキャンプ

  ファミリーキャンプ

  日帰り企画・その他のキャンプ

  カウンセラー募集

  国際交流

  ポニー牧場・動物広場のご案内

  移動ふれあい教室のご案内

  活動フォトギャラリー

  実際に参加したみんなの声

  キャンプイベントスケジュール

  年間予定表



  代表理事挨拶(公式HP)

  団体概要(公式HP)

  ハーモニィセンターの歴史(公式HP)

  リンク集(公式HP)

  職員紹介

  職員募集

  自治体の皆さまへ



  会員制度について(公式HP)

  寄付金のお願い(公式HP)

  特定商取引法に基づく表記(公式HP)

  お問合わせ(公式HP)

  お知らせ・機関紙・バックナンバー

  よくある質問

  プライバシーポリシー














平成24年2月20日『ポニーフォーラム』を開催しました。(平成23年度子どもゆめ基金助成事業)


 過去2回のフォーラムでは、各地の活動事例を参考に、馬が子ども達に与える可能性について検証してきました。 馬がこどもやその周囲を取り巻く大人達にも活力を与えている事は検証事例が示す通りです。また馬と子ども(人)をつなぐ管理者の重要性も再確認できました。
 今回は、馬の持つ魅力・可能性を伝えていく上での問題点、課題となることを挙げ、活動事例を参考にパネリストの皆さんに具体的な取り組み方法等を伺いました。
 また、フォーラム後の懇親会は、日本各地に散らばる活動家同士、新たな仲間作りの時間となったようです。
 
基調講演 「馬とのふれあい文化の展望」(※pdfファイルです)
講師:局博一氏(東京大学大学院生命科学研究科教授)
  
パネルディスカッション 「馬と人の新しい文化」
パネリスト:
芦内裕実(NPO法人ホース・フレンズ 理事長)
井原昌代(NPO法人障害者のための馬事普及協会 副理事長)
草野信一(公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会 専務理事)
中野渡利彦(十和田乗馬倶楽部 会長)
   
【テーマ】
ふれあいホースの生産と供給のシステム
ふれあいやセラピー活動を実施する際のノウハウの普及と向上
経済を考える
文化の発展を支えるもの
   
    
主催 財団法人ハーモニィセンター
後援 公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会・社団法人日本獣医師会・日本動物介在教育療法学会
   
基調講演及びパネルディスカッションを収録したフォーラムの報告書(冊子)をご希望の方は、このHPの「資料請求・お問合せ」ページから「その他」でお申込み下さい(1冊¥1.000です)。



平成22年11月22・23日『ポニーフォーラム』を開催しました。(平成22年度子どもゆめ基金助成事業)


 昨年に引き続き、今年も「ポニーフォーラム」を開催しました。今年はポニーを通したこどもの活動、というテーマのもと、東京農業大学滝坂信一教授による「現代社会とこどもの育ち:ポニーというパートナー」という基調講演、東京大学局博一教授を座長とするワークショップ、ポニーが子ども達にもたらす教育的効果の具体的実例5例の発表がありました。
 また、23日はポニー活用実践現場の見学会ということで、ハーモニィセンターが受託運営している葛飾区ポニースクールかつしかを見学。ポニーと関わる子ども達の生き生きした姿を驚きをもってご見学いただきました。
 今年も北は北海道から南は沖縄まで全国からたくさんのご参加をいただき、充実したフォーラムとなりました。
   
※このフォーラムの報告書をご希望の方は、お電話(03-3469-7691)または資料請求・お問合せのページからお申込み下さい。1部1000円です。



平成21年11月16日『ポニーとこども』全国フォーラムを開催しました。(平成21年度子どもゆめ基金助成事業)


 ハーモニィセンターが日本初のポニークラブを発足させてから36年。この野外教育活動をもっと活発にし、一人でも多くの子ども達の笑顔を引き出せたら、と全国各地でポニーを使って子どもの教育活動を行っている人々に呼びかけ、教育的役割の検証や、効果を最大限に引き出すためのポニーの管理などを共有した。
 北は北海道、南は沖縄与那国島まで、全国から約160名のご参加をいただき、熱気溢れるフォーラムを開催することが出来ました。



平成20年11月25日全国ふれあいシンポジウム「小動物における教育的効果」を開催しました。(平成20年度子どもゆめ基金助成事業)


 小動物とこどもが直接ふれあえる、ふれあい動物園・小動物園・コンタクトコーナーなどは全国で100箇所以上あります。利用者は主に保護者に連れられた未就学児・小学生が多数をしめます。
 この「小動物ふれあいコーナー」を教育的側面から見つめなおし、これからのふれあいコーナーのあり方を考えるべきではないか、ということが今回のシンポジウムのきっかけとなりました。
 当日は全国よりふれあいコーナーの担当者があつまり、基調講演・パネルディスカッションに熱心に耳を傾けました。






 機関紙「THE HARMONY CENTER」は、(公財)ハーモニィセンターが会員向けに発行する月刊紙です。毎月のキャンプ、国際交流、障害者乗馬活動その他ハーモニィの全ての活動の報告と案内が載っています。
バックナンバーをご希望の方は、電話(TEL:03-3469-7691)もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。

No.519 THE HARMONY CENTER  2013年3月号
 (門出を迎えるカウンセラー・2013夏モンゴルご案内等)
No.518 THE HARMONY CENTER  2013年2月号
 (春休みキャンプのご案内など)
No.517 THE HARMONY CENTER  2013年1月号
 (新年の抱負・東北支援活動報告など)
No.516 THE HARMONY CENTER  2012年12月号
 (長野ホースショー報告・東北支援活動報告など)
No.515 THE HARMONY CENTER  2012年11月号
 (冬休みキャンプのご案内・動物広場便りなど)
No.514 THE HARMONY CENTER  2012年10月号
 (秋の東北支援活動予定・これからの予定など)
No.513 THE HARMONY CENTER  2012年9月号
 (夏休みキャンプ、モンゴル、動物広場報告など)
No.512 THE HARMONY CENTER  2012年8月号
 (夏休みキャンプカウンセラー紹介・動物広場便りなど)
No.511 THE HARMONY CENTER  2012年7月号
 (モンゴル引率紹介・新事業紹介など)
No.510 THE HARMONY CENTER  2012年6月号
 (夏休みキャンプご案内・モンゴル子ども競馬出場者紹介など)




Copylight (c) 2013 Harmonycenter Public Interest Incorporated Foundation