カウンセラー

ハーモニィセンターでは、活動に参加してくれる子供たち(時には大人とも)ととことん付き合い、活動を支えてくれる青年ボランティアを「カウンセラー」と呼んでいます。
心理学の分野のそれとは異なり、子供と対等な目線で向き合い、耳を傾け、受入れて寄りそう姿勢からきています。
『明るく、タフで、骨惜しみなく』の合言葉を基にどんなに苦しい時であっても、そこにいることで周りのみんなを元気づけ、奮い立たせるほどの「明るさ」を持つ。
どんなに疲れ果てていても、子供のため、仲間のため、やらなくてはならないことがあれば真っ先に体を動かし、やり遂げる「タフさ」を持つ。周りの人々への思いやりの深さは「骨惜しみなく」という想いで活動しています。
カウンセラーが子供の将来を考えて声を掛けるのと同様に、職員も、キャンプや一年を通して実施する様々な研修において、カウンセラーの将来を見据えた働きがけをしています。
それは、キャンプでだけ活躍できてもダメ。社会に出た時に、自分一人でも必要だと思うことがあれば声に出して伝え、信じる道を指し示せる大人になって欲しい。そんなことを考えながら育成活動を行っています。

どんなことをするの?

キャンプは5歳~中学生までの6~8名で編成された子ども達(全体で40~70名)と一緒に生活しながら、山や川や海など様々な自然の中で、子供達と全力で遊びます。乗馬プログラムの時は、牧場インストラクターの指示に従って馬の横を走り、成長を喜び励ましたりします。夏の登山や冬のスキー、スケートも子供たちが成長する機会作りの手段であり、カウンセラーの姿勢は馬の横を走る時と一緒です。

どんな人がカウンセラーをしていますか?

大学生・専門学校生の人が中心で、毎年200人前後のカウンセラーが登録しています。中には、仕事をしながら活動をしてくれている社会人カウンセラーもいます。(高校生はジュニアカウンセラーという制度があります。詳しくはお問い合わせください。)

まずはカウンセラー説明会へ

Dotline

経験がなくても大丈夫。毎年新たにカウンセラーになる仲間達のほとんどは「馬に触れたこともない」「子どもと遊んだことがない」人達です。何よりも大事なのは「子どもと思いっきり遊びたい!」という気持ち(「子どもは苦手だけど何か人のために役立ちたい」という人も大歓迎)。キャンプに参加しているうちに、技術や知識は後から自然と身に付いてくるので大丈夫!まずはボランティア説明会にご参加ください。

1.希望日時を連絡

メールかお電話で説明を受けたい日時をご連絡ください。
(いくつか候補日・時間のご提示をお願いします)

2.説明会に参加

説明会に参加!
職員の説明を受け、登録をして頂きます。

3.活動に参加!

早速活動に参加!研修やキャンプ、日帰りプログラムなど様々な企画があります。

カウンセラー説明会

日時:平日随時実施中 時間:10時~18時の間の30分程度 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター内 ハーモニィセンター事務局 (小田急線参宮橋駅徒歩10分程度)

連絡先

メール:info@harmonycenter.or.jp 電話:03-3469-7691